治療に有益な情報|鬱の症状を感じたら受診しよう【様々な検査を行う】

鬱の症状を感じたら受診しよう【様々な検査を行う】

治療に有益な情報

病院

まずは接し方を学ぼう

身近なひとがうつ病になった場合、接し方において最も注意しなければいけないのが励まさないようにするという点です。鬱病になった人は生きる気力を失って生気を感じられません。ですから普通の人はつい生きる活力をつけてもらおうと励ましたくなるのですが、うつ病を発症している人のほとんどが限界まで頑張りすぎて心や体がストライキを起こし、言う事をきかない状態になっています。限界まで頑張った人を励ますと、相手はまだ頑張りが足りないと自覚し、症状が悪化する可能性がとても高いです。ですから鬱病の患者さんに対しては無理に励まそうとはせず、ゆっくり休んでもらえるような環境づくりを心がけてください。とはいえ、逆に腫れもののように接することがないようにすることもとても重要です。鬱病の患者さんは自分が迷惑をかけていることはとてもよく分かっています。それなのに身近な人が腫れ物に触れるように接すると、自分が周りに迷惑をかけていることを改めて自覚し、病気を治そうと無理をします。治療にとって逆効果なのは言うまでもありません。うつ病だからと過剰に反応せず、いつものように接しましょう。まずは病院のホームページがあるかどうかは必ずチェックしましょう。ホームページがない病院は情報の収集ができないので避けておいた方が無難です。ホームページで特にチェックしたいのが医師の経歴です。うつ病を治療する精神科や心療内科は、他の診療科目と違い、検査機など高額な医療機器が必要ないため、経験の浅い医師が開業している場合もあります。また、口コミサイトを事前にチェックするのも有効です。口コミサイトでは実際にその病院に通った患者さんの生の声を見ることができます。これらの情報を確認し、不安な点が無ければ実際に病院に行ってみましょう。そしてカウンセリングの際、こちらの話を聞いてくれる医師と一緒に治療を受けるようにして下さい。いくら経験豊富な医師だとしても、こちらの話を聞かずに一方的に治療方針を決めるような医師とは今後信頼関係を築くことは難しいでしょう。そして診察が終われば抗うつ剤など、薬を処方することになりますが、処方する際に薬の説明をしないような病院もあまり良い病院とはいえません。

Copyright© 2018 鬱の症状を感じたら受診しよう【様々な検査を行う】 All Rights Reserved.