鬱の症状を感じたら受診しよう【様々な検査を行う】

薬に関して

医者

特徴費用等

抗うつ剤はうつ病と診断されて投薬治療の際に利用されている薬の事で、SNRIやNaSSA等、いくつかのタイプに分かれています。その為、医師はその人の体質・体調等に合わせて最も合うと判断できる薬を処方する形が取られている状態です。自分の体質に合っている薬を利用する事で、体への負担を軽減すると共に、その薬の効果を最大限に感じる事が出来るようになります。ただ、抗うつ剤自体は頓服の薬の様に服用すればすぐに効果が出てくると言うものではなく、継続して飲まなければなりません。これは、体がその薬に対して慣れるまでには時間がかかることや、神経伝達物質のバランスが整った状態になるまでには時間がかかってしまうからです。したがって、効果がなかなか出てこないからと言ってすぐに服用をやめてしまうのではなく、ある程度の期間は自分の様子を見ながら服用し続けるのが基本です。さらに効果が出てくるとうつ病の症状自体が楽になったからと言って薬を服用すること自体やめてしまう人もいますが、それも危険です。この薬はただ単に症状を抑えるだけでなく、寛解した状態を維持する目的でも利用されている為、長期服用が必要となっているからです。うつ病として診断してもらう為には、精神科や診療内科に行って検査や診察を受ける必要が出て来ます。この際、費用は病院によっても少々変わってきますが、初診の場合は大体3000円から6000円程度が発生することが多くなっています。また2回目以降、つまり再診の場合は初診の時に比べると少々費用が安くなり、大体2000円から3000円が相場となっている状態です。しかし実際に病院によっても請求される金額は変わってくる為、大体相場の範囲内となることが多いのですが、それ以上、若しくはそれ以下の金額となることもあり得ます。一般的にうつ病と診断された場合は、薬を処方してもらう為に毎月2回病院に通う形が取られるようになります。したがって、毎月2回通うとなると、1ヶ月当たりの医療費自体は4000円から5000円程度となる計算です。また、この際に患者にとって最も適切な治療を施す為にカウンセリングなどを利用すると、大体1回あたり1万円程度が請求される事も少なくありません。また診察自体は患者に向き合った形で行われるだけでなく、その病院との相性を知る上でも重要となっているので、利用者からの評判はそれほど悪いと言う事は有りません。

Copyright© 2018 鬱の症状を感じたら受診しよう【様々な検査を行う】 All Rights Reserved.