鬱の症状を感じたら受診しよう【様々な検査を行う】

薬で症状を軽減できる病気

カウンセリング

専門医の支持を守って

最近では、うつ病に効果が認められている薬が多く開発されており、患者の症状軽減や病気の完治に役立ってきています。薬を服用する際は、主治医の言いつけを守って正しく服用する必要がありますが、その中でも気を付けておくべきことが大きく二つあります。一つ目に注意したいことは、「体調が悪く薬の効き目が感じられないからと言って、適量以上の薬を服用しないこと」です。薬には、吸収する時間を考えて量を調整し、間隔をあけて服用する決まりがあり、それらを守らないと体に大きな負担がかかってしまいます。薬の効果や体調を自己判断せずに、必ず医師の言いつけを守って服用し、何かあればすぐに医師に相談することが大切です。二つ目に大切なことは、「病気が治って体調が良くなったと感じ、自己判断で薬の服用を止めない」ことです。うつ病の治療は長期戦になることがほとんどで、薬で体調をコントロールしながら症状を抑えて平穏に生活を送ることが大切です。もし、「うつ病が治った」と判断し、薬の服用を辞めようと考えている人がいたら、その前に必ず医師に相談して指示に従うことをおすすめします。うつ病の治療で用いられる抗うつ剤は、基本的には心療内科や精神科の専門医が処方することになっています。例外として、出産直後の患者や認知症などの別の病気を患っている患者などには、それぞれの主治医が精神科医と相談して処方することがあります。一般的に、こころの病気は様々な要因が重なって発症することが多いため、専門医が適切に診断して、病気の種類に適合した薬を処方することがほとんどです。最近では、うつ病の主な原因は、脳内のホルモンバランスの乱れや神経伝達物質の分泌異常であることが解明されてきました。そのため、治療では脳内のホルモン状態を正常にし、イライラなどの負の感情を抑えて平常心を保つことが求められます。心療内科や精神科での診察では、うつ病の種類を確定し、どの薬を用いて脳内のホルモン状態を整えるかを判断します。特に、肝となるのが「セロトニン」と呼ばれる喜びや幸せな気分を感じるホルモンで、このセロトニンを正常に分泌する薬を用いることがほとんどです。最近では、副作用が少ない薬が多く開発されていますが、うつ病の治療では副作用を気にすることが大切なので、必ず主治医の指示を守って薬を服用することが大切です。

Copyright© 2018 鬱の症状を感じたら受診しよう【様々な検査を行う】 All Rights Reserved.